許認可なしで組成できる不動産ファンドとは? 3つのスキームをご紹介!

高まる資金調達ニーズ 前回の投稿で「不動産特定共同事業法」をテーマとした記事を公開したところ・・・ ●ファンドを通じて自己資金を補強し、民泊物件をもっと取得していきたい ●最近、銀行の融資審査が厳しくなって、お客さんに物件を売りづらくなった ●アメリカ式の短期売却のファンドスキームではなく、長期保有を目的としたスキームはないものか ●しかし、不動産ファンドを組成するには、許認

続きを読む

不動産特定共同事業者における変更届出・変更認可の手続について

投資家から出資を受けて、不動産の取引を行い、その収益を投資家に分配する「不動産特定共同事業」。昨年6月の改正で「小規模不動産特定共同事業」が創設され、非常に注目が集まっている不動産証券化の1つの手法です。 「新しく許可を取得したい」というお問い合わせも多くありますが、「以前に許可を取得したものの、特に何の事業もしないまま活用してきませんでした。改めて、心機一転、事業モデルを組みたいの

続きを読む

台東区・浅草での旅館業申請☆古民家が和モダンな宿泊施設に生まれ変わりました!

台東区の浅草寺裏手にひっそりとたたずむ、築50年以上経過した古民家を活用した宿泊施設「和草 はなれ」が間もなくオープンします。 経年劣化のため建物全体を本格的に改修し、内装も設備もフルリノベーションした上で旅館業(簡易宿所営業)を申請。最新設備が整ったピカピカのおやどに生まれ変わりました改修と旅館業申請のポイントを解説しつつご紹介いたします。 住所は台東

続きを読む

民泊×クラウドファンディングの活用

民泊や旅館業は宿泊施設において営まれるため、不動産の取得がビジネスに深く関わります。しかし、利便性のよい好立地にある物件は価格が高く、古民家は不動産担保価値が低く金融機関の融資がつかないなど、取得にあたる資金調達に苦労することがよくあります。 そこで、代替的な資金調達手段として注目されているのが「クラウドファンディング」です(公財)不動産流通推進センター発行の「月刊フォーラム21」にて執筆してお

続きを読む

大田区大森町の特区民泊の認定が下りました☆

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです すっかり秋の気配・・・・・1年でいちばん過ごしやすい時期ですね相変わらず、出張や、旅館業の申請や、民泊の届出やらで慌ただしく過ごしています 民泊(住宅宿泊事業)の届出依頼は日本全国からありますが、東京都内ではマンション1棟から「旅館・ホテル」へのコンバージョン案件が多くなっています 今日は特区民泊の申請を行っていた

続きを読む

改正旅館業法で複数のフロントを1つに集約☆人件費削減&業務効率化を実現

9月の頭、倉敷でホテルを営業されているお客様から依頼を受けた旅館業の変更届の申請手続きのため、岡山県に行って参りました 岡山県は温暖な気候で晴れの日の多く、自然豊かで美味しい農産物もたくさん収穫されるため「晴れの国おかやま」と呼ばれています 日本昔話で有名な「桃太郎」伝説発祥の地でもあります。 岡山市内のマンホールも桃太郎

続きを読む

河口湖・インバウンド状況のレポート

こんばんは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 先週、民泊物件の調査のため、山梨県河口湖町まで行って参りました 都心からも近いリゾートとして従来から人気のある河口湖は、世界遺産にも登録されており、 日本人観光客のみならず多くの訪日外国人観光客も訪れる人気のバケーションスポットとなっています 近年、河口湖周辺を訪れるインバウンド旅行者の増加を受け、ホテルや民泊施設も急増して

続きを読む

民泊と消防法① 届出にあたり必要となる、消防法関係の手続とは!?

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 8月のお盆も過ぎ、楽しい夏シーズンも後半に差し掛かりましたね。 カピバラ好き行政書士は、来週にちょっと遅めの夏休みを取り、山梨県に遠出する予定です いまから夏休みが待ち遠しいです 消防法令、きちんと守っていますか? さて、住宅宿泊事業法(民泊)の施行から2ヵ月が過ぎ、届出件数も着実に増えてきました。 しかし、仕事

続きを読む

民泊・旅館業を目的とする不動産売買の留意点

住宅宿泊事業法(民泊新法)施行に伴いグレーゾーンが解消された民泊に、今こそ参入したいと考える人も多いようです。 民泊や旅館業に使うための不動産購入の際には何に気をつけるべきでしょうか? 合法民泊施設が全国的に増加中 2018年7月27日時点で、住宅宿泊事業の届出が行われた住宅は6,603件 大阪市内の特区民泊(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)の特定認定を受け

続きを読む

大田区にて特区民泊の保健所検査が完了☆

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 昨日は大田区で申請中の特区民泊施設の保健所検査でした。 天気予報では台風直撃の日程でしたので心配していましたが、夜中に過ぎてくれて(?)検査当日は天気も良好、検査も無事終了してほっとしました。 施設は京急線沿線の新しいマンションの1室です。 以前は空港に向かうときにしか利用しなかった京急線ですが、民泊業務を始めてから

続きを読む