プロフィール

ご挨拶

みなさまこんにちは!

日本橋くるみ行政書士事務所代表の石井くるみです。

当事務所では、不動産ビジネス(民泊・旅館業、宅建業、建設業など)と金融ビジネス(不動産特定共同事業、不動産信託受益権、仮想通貨交換業など)を中心に、許認可法務とコンサルティングサービスを提供しております。

お客様とのコミュニケーションを大切に、難解な法律用語や許認可申請手続きについても丁寧にわかりやすくご説明いたします。

みなさまのお役に立てるよう精一杯お手伝いして参りますので、ぜひお気軽にご相談ください。

略歴

神奈川県横浜市出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、公益財団法人消費者教育支援センターに研究員として従事後、行政書士資格を取得後。法律事務所に勤務を経て、日本橋くるみ行政書士事務所を開設。

東京都行政書士会中央支部 理事 (東京都行政書士会 中央支部所属  登録番号:第16080018号)
東京行政書士政治連盟中央支部 幹事
一般社団法人不動産ビジネス専門家協会理事

主な著書・論文
•『民泊のすべて―旅館業・特区民泊・住宅宿泊事業の制度と合法化実務』(大成出版社)
•『行政書士の業務展開』(早稲田大学校友会行政書士稲門会編)
•『達人が伝授―広がる民泊』(日経ヴェリタスに連載)
•『賃貸経営に役立つ民泊知識』(全国賃貸住宅新聞に連載)
•『自治体別・民泊許可取得のポイント』(全国賃貸住宅新聞に連載)
•『民泊新法で「民泊」はどう変わるか』(KINZAI Financial Plan, 清水将博弁護士と共著)
•『オフィスビルやマンションを宿泊施設にコンバージョン!』(週刊ビル経営)
•『構造要件のクリアには運用体制の担保も不可欠』(月刊レジャー産業資料8月号)
•『石井くるみの“みんぱく!”最前線』(スマイスターMagaZine連載)
•『不動産活用 ビジネスモデルプラン集』(綜合ユニコム株式会社) など多数

コメントは受け付けていません。