(一社)不動産特定共同事業者協議会にてコンプラ研修を開催/改正金商法が成立!不特事業への影響は?

おはようございます。 不特法アドバイザーの石井くるみです 【FTKKにてコンプラ研修を開催】 去る11月29日 私がアドバイザーを務める (一社)不動産特定共同事業者協議会(FTKK) にて会員向け研修として コンプライアンス研修会を開催しました。 リアル会場・オンライン参加 50名以上の方にご参

続きを読む

不動産特定共同事業者協議会の新年度交流会と国交省の講演☆4月27日コンプラ研修&懇親会のお知らせ♪

こんにちは。 不特法アドバイザーの 石井くるみです 不特事業者100名近くが参集! 不動産特定共同事業者協議会の交流会が開催 コロナの行動制限も落ち着いて リアルでの交流の機会が増えてきました。 先週は、私がアドバイザーを務める (一社)不動産特定共同事業者協議会の 新年度交流会が 東京・日比谷

続きを読む

求む!不特法まちづくり連携パートナー 『国土交通省』モデル事業セミナー大阪・名古屋開催のご報告☆

先週は雪の降りしきる中 名古屋/大阪出張でした。 大阪・名古屋セミナー開催報告 国土交通省令和4年度 「住宅市場を活用した空き家対策モデル事業」 不動産特定共同事業法による 不動産ファンド活用方法セミナー 大阪/名古屋開催に 講師として登壇いたしました。 大阪府宅建協会様の ご協力も得て会場は大賑わい。

続きを読む

住宅販売を加速させるモデルハウスファンドの可能性

こんにちは、 不特法アドバイザーの 石井くるみです 先日の「第1回不特法SDGs研究会」には 多くの参加申込みをいただき 誠にありがとうございました 定員が限られているため、 抽選とさせていただきました ご参加いただけない方には 大変申し訳なく思います 次の機会にぜひまたお申込みください

続きを読む

2022年コンプライアンス研修を開催します! 「ゼロから分かるファンド実務」

不特法コンプラ研修を開催 当事務所では2022年コンプライアンス研修として 『ゼロから分かるファンド実務』 をリリースしました コンプライアンスの社内研修としても 新しい年度を迎え、 新入社員を迎えられた 会社も多いことと思います この研修では、 不特法ファンドの 組成実務において重要な 『コンプライアンス』について 要点をしぼり、 初めての実

続きを読む

不特法事業者1年半で50社増加! 全国賃貸住宅新聞のインタビュー記事より★

不特法アドバイザーの石井くるみです 10月4日号の全国賃貸住宅新聞 「クローズアップ」の記事に、 不動産特定共同事業者数の増加 をテーマとするインタビューを受けた記事が掲載されました。 ①許認可取得申請が通らない ②実際には存在しない社内体制や手続きを申請して許可を受けてしまった ③ファンドを募集したが資金が集まらない といった、不特法参入に関する悩み に

続きを読む

任意組合型ファンドは「インボイス制度」導入に注意! 2023年10月からファンド収支はどう変わる?

不特法アドバイザーの石井くるみです。 2023年10月から導入される消費税の 「インボイス制度」 任意組合型ファンドの収支に大きな影響 を与える可能性があるため、 ①現に任意組合型ファンドを運営している or ②これから任意組合型ファンドを組成しようとしている 不特事業者の方は要注意です インボイス制度の概要 2023年10

続きを読む

不特法Q&A【法律】金商業者であれば不特法第4号許可は問題なく下りますか?

不特法アドバイザーの石井くるみです Q&Aを通じて、皆様のファンド事業に 役立つ情報を提供して参ります 本日は、SPCが不動産を所有する 「特例事業型」の不特事業を検討する 相談者様から寄せられた 許可取得に関するQ&Aをご紹介します。 【質問】 対象不動産のオフバランスが可能な 特例事業(SPC)型ファンドの組成を検討しています。 すでに第2種金融商品

続きを読む

小江戸「川越」にて歴史的建造物利活用×ファンドによる資金調達セミナーを開催しました!

不特法アドバイザーの石井くるみです 江戸時代に城下町として栄え、古い土蔵や商家が数多く残る観光地・川越。 川越市では、景観重要建造物等の保存や 利活用を促進・支援する取り組みが行われており、 先週3月11日・12日の2日間にわたり 「歴史的建造物の利活用見学会 ×新たな資金調達手法セミナー」 が開催されまし

続きを読む

トーセイ不特法ファンドの明暗…「1時間で完売」から一転、2号ファンドが販売に苦戦した理由とは?

こんにちは、不特法アドバイザーの石井くるみです。 最近、東京は気温が温かく、早くも梅や桜が咲き始めました! 先週は、国土交通省での不特法申請案件同時に2社のランセンスがおりました ほっと安堵する間もなく、続いて1号ファンド組成に向けて 物件選定、事業計画作成などファンド組成の準備が始まります **************:*****************

続きを読む