東京都内の民泊(住宅宿泊事業)事業者へ注意喚起・・・・消防手続きは大丈夫?

すでに住宅宿泊事業(民泊)の届出を行い、営業をスタートしている方が、「民泊から旅館業にステップアップしたい」といらっしゃるケースが増えています。 より本格的なビジネスへ向かおうという前向きな話ですから、ぜひお手伝いできればと話を伺いますが、話を聞いていく中で、少し気になっていることがあります。 それは、東京都内で運営されている住宅宿泊事業(民泊)は、消防手続きが済んでいない状況

続きを読む

2019年仕事始めは新宿区への旅館業申請から☆

カピバラ事務所は、役所が開庁する4日(金)からゆるりと始動。2019年最初の仕事は、新宿区保健所に旅館業(ホテル・旅館営業)の申請書類を提出することでした。 神楽坂にある、まだ築浅のワンルームマンションを1棟用途変更して旅館業にコンバージョンする案件です。 コンパクトなマンションなので、玄関帳場(フロント)を設置するスペースはありません。 そこで、玄関帳場の代替措置として

続きを読む

日経新聞・民泊特集にコメント … 行政手続法における「届出」の作法

早いもので、今年も残すところ、あと2週間。 住宅宿泊事業法(新法)が施行されたこの1年は、あっという間に過ぎ去った、という感覚です。そんな新法施行から半年後の12月12日、日経新聞朝刊で民泊特集が組まれました。 特集の中で、民泊新法の上乗せ規制(住宅宿泊事業の実施を制限する条例等)について、次のとおりコメントさせていただきました 上乗せ

続きを読む

不動産活用ネットワークセミナー登壇☆ 中央区の旅館業(Hotel)保健所検査

週末はお天気に恵まれた3連休でしたが、皆様はどちらかお出かけしましたかカピバラ好き行政書士は、セミナー登壇と明海大学での不動産学会シンポジウムという、仕事寄りのイベントが続きました。 11月23日(金)の勤労感謝の日は、不動産活用ネットワーク様主催の賃貸経営セミナーでした。連休の初日であるにもかかわらず、100名を超える方が参加してくださいました 「不動産活用ネット、民泊などテ

続きを読む

最も困難だった!?渋谷区の住宅宿泊事業届出(特例届)完了☆

渋谷区より、住宅宿泊事業(民泊)の届出7件が無事受理されました。本件は、とても多くの時間とエネルギーがかかりましたので、受理通知の喜びはひとしおです。 なぜ、それほど苦労したのか 住宅宿泊事業の届出は、一般的に旅館業許可取得に比べてハードルは緩やかですが、手続き詳細は、クライアントの状況、自治体の条例の有無、解釈によってかなり異なる印象です。 【本件のポイント】 ①法人申請

続きを読む

第35回規制改革会議でも議論・・・民泊と消防法

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 住宅宿泊事業法施行から1ヶ月半が経過しました。 届出状況については、色々な報道もなされているところですが、さっそく政府の規制改革推進会議でも6月26日に関係省庁と業者を招いたヒアリングが実施され、今後の見直しについて議論が行われました。 主な出席者は、民泊ホストコミュニティ「Japan Hosts Community」、A

続きを読む