★家主と地主 新連載★ 制度で解説!資産防衛に役立つ「オルタナティブ投資」

この11月より、賃貸不動産オーナー向け経営情報誌「家主と地主」にて、新連載が始まります。 テーマは「制度で解説☆資産防衛に役立つ『オルタナティブ投資』」 連載第1回は、「分散投資に役立つ6つの代替投資」として、次の6つを紹介しています。 (1)プライベート・エクイティ (2)ソーシャル・レンディング (3)暗号資産(仮想通貨) (4)コモディティ

続きを読む

全国賃貸住宅新聞・新連載のお知らせ☆『不動産クラウドファンディング事業化のポイント』

この9月より、全国賃貸住宅新聞において、新連載『不動産クラウドファンディング 事業化のポイント』が始まりました。記念すべき第1回のテーマは、「個人向け不動産投資ビジネスの大転換」です この1~2年の間に、不動産を対象としたファンド(匿名組合や任意組合)を組成し、その持分を小口化してインターネットで個人投資家に販売する「不動産クラウドファンディング」が注目を集め

続きを読む

「不動産クラウドファンディングとは?」(株)クラウドリアルティから取材を受けました☆

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 先日、不動産に特化した投資型クラウドファンディング事業を手掛ける株式会社クラウドリアルティから不動産クラウドファンディング事業にかかわる許認可・法務の専門家として取材を受けました。 「専門家に聞く、不動産クラウドファンディングに向いている人とは?」 インタビューでは、そもそも「不動産クラウドファンディングとはどうい

続きを読む

SUUMOジャーナルから取材を受けました☆東京五輪が迫る今こそ民泊を始めるチャンス??

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです SUUMOジャーナル様から民泊に関する取材を受けました。 https://suumo.jp/journal/2019/09/04/166877/?vos=jzaj1503126k000zzz171222 東京五輪に向けて、都内もますますの宿泊事業の盛り上がりを感じておりますが、それの比例して近隣住民との関係性がより重要にな

続きを読む

東京入国管理局でビザ「高度専門職」の申請

賃貸不動産オーナー向け経営誌「家主と地主」の“空き家”をテーマとした連載も第5回目です。 今回は「空き家のリノベーションによる商業活用」と題して、カフェやシェアオフィス、シェアアトリエに改装し、成功を収めている3つの事例を取り上げました。 やはりトレンドは「シェアリングエコノミー」 中でも、シェアアト

続きを読む

改正旅館業法・住宅宿泊事業法施行から1年が経過・・・・1年の振り返りと今後の課題☆

6月15日で改正旅館業法・住宅宿泊事業法施行からちょうど1年が経過しました。 昨年6月にairbnbの無許可民泊物件の掲載が一斉に削除され施設数が激減、新しく始まった住宅宿泊事業の届出は、事業者も自治体も試行錯誤で進め、年末ごろから旅館業への切替えの依頼が殺到と、私にとっては長いような短いような、非常に濃い1年でした 区切りを迎えるこの6月に日本賃貸住宅新聞社より取材を

続きを読む

全国賃貸住宅新聞より取材を受けました☆不動産特定共同事業法を活用したファンドの拡大

4月2日に申請を行った小規模不動産特定共同事業(第1号・2号)の登録が5月29日付けで完了しました 登録完了の見込みについては、事前に連絡を受けていたので、当日中に事業者(申請者)様と国土交通省へ登録証を受け取ってきました。 案件がひとつ無事終了して、とても安堵しています 不動産特定共同事業法を活用した不動産ファンドに注目が集まる状況について、全国賃貸住宅新聞社か

続きを読む

「家主と地主」にて”空き家の利活用”をテーマに新連載スタート!

もうすぐ新年度。このたび、賃貸不動産オーナー向け経営情報誌「家主と地主」の4月号より、新連載を執筆する運びとなりました。 タイトルは「家主ができる空き家活用」 賃貸経営で最も気になるのは「空室」です。 人口と世帯数の減少により深刻化する「空き家問題」への対策として役立つ7つの活用方法を紹介していきます ①外国人向け賃貸住宅 ②住宅セーフティネッ

続きを読む

日経新聞・民泊特集にコメント … 行政手続法における「届出」の作法

早いもので、今年も残すところ、あと2週間。 住宅宿泊事業法(新法)が施行されたこの1年は、あっという間に過ぎ去った、という感覚です。そんな新法施行から半年後の12月12日、日経新聞朝刊で民泊特集が組まれました。 特集の中で、民泊新法の上乗せ規制(住宅宿泊事業の実施を制限する条例等)について、次のとおりコメントさせていただきました 上乗せ

続きを読む

観光庁が東京五輪に向けて、違法民泊を特定するシステムを構築

住宅宿泊事業法が施行された6月15日以後、無許可・無届の民泊サイトはAirbnbなど大手民泊仲介サイトでの宿泊者募集ができなくなり、同サイトにおける民泊施設の掲載件数は激減しました。その後、旅館業の申請や住宅宿泊事業の届出が順次行われ、11月16日には届出件数は11,719件(申請数)を突破。再び民泊市場は成長を続けています。 しかし、一部の民泊仲介サイトでは未届出の物件が掲載されていたり、

続きを読む