民泊・旅館業を目的とする不動産売買の留意点

住宅宿泊事業法(民泊新法)施行に伴いグレーゾーンが解消された民泊に、今こそ参入したいと考える人も多いようです。 民泊や旅館業に使うための不動産購入の際には何に気をつけるべきでしょうか? 合法民泊施設が全国的に増加中 2018年7月27日時点で、住宅宿泊事業の届出が行われた住宅は6,603件 大阪市内の特区民泊(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)の特定認定を受け

続きを読む

第35回規制改革会議でも議論・・・民泊と消防法

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 住宅宿泊事業法施行から1ヶ月半が経過しました。 届出状況については、色々な報道もなされているところですが、さっそく政府の規制改革推進会議でも6月26日に関係省庁と業者を招いたヒアリングが実施され、今後の見直しについて議論が行われました。 主な出席者は、民泊ホストコミュニティ「Japan Hosts Community」、A

続きを読む

2018.7.28号 週刊東洋経済「ホテル爆増~熱狂の開業ラッシュ」に掲載

2018年7月28日発行の週刊東洋経済『ホテル爆増~熱狂の開業ラッシュ』P31に、当事務所代表・石井くるみのインタビューコメントが掲載されました。 民泊の許認可に詳しい日本橋くるみ行政書士事務所の石井くるみ氏は、「今後は事業として本気で運営したい貸主がじわじわ増えていくだろう」と予想する。 「日本の家で宿泊体験をしたい」、「大人数で一軒家を貸し切りたい」といった訪日観光客の多様なニーズの受け皿

続きを読む

2018.7.16 読売新聞朝刊『民泊「ヤミ淘汰」進む』に掲載

2018年7月16日の読売新聞朝刊『民泊「ヤミ淘汰」進む-施行1ヶ月』に、当事務所代表・石井くるみのインタビューコメントが掲載されました。 民泊に関する著書がある行政書士の石井くるみ氏は「供給減で東京では宿泊料が約5割上がった」と話す。施行前に1泊2万円だった宿泊料が3万円に跳ね上がった部屋もあるという。 観光庁の通知を受け、2018年6月に住宅宿泊仲介業者(民泊仲介サイト)が違法民泊の掲載削

続きを読む

2018.7.10 日経新聞朝刊「民泊 波乱の幕開け」に掲載

2018年7月10日付の日経新聞「民泊波乱の幕開け(1)個人家主の嘆き(迫真)」に、当事務所代表の石井くるみのインタビューコメントが掲載されました。 民泊新法は旅館業法のような許可制ではなく、届け出制。行政手続法は記載に不備がなく必要書類が添付され、定めた形式に沿っていれば、提出先に届いた時点で手続き義務が履行されたものとする、と定めている。行政書士の石井くるみ(31)は「届け出制の趣旨に反し、

続きを読む

PRESIDENT(プレジデント)からの取材「新法で民泊市場はどうなるか」

2018年6月15日から民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されました。 法の施行に先立ち、住宅宿泊事業者の届出受付が3月から始まっています。 届出の状況と今後の民泊市場についてプレジデント社から取材を受けました。 ご興味のある方は、ぜひ、PRESIDENT2018.7.30号「世のなか法律塾260」をご覧ください。

続きを読む