【専門家向け】制度過渡期の希少な(!?)旅館の許可が下りました@豊島区駒込

7月、豊島区にて旅館業を申請していた新築旅館の営業許可が下り、新規オープンいたしました。 3階建て延床面積130㎡ほどのプチ旅館ですが、和モダンのとてもお洒落な造りです。 JR線駒込駅から徒歩3分と好立地のことから、さっそく予約が入っているようです。 リビングはテーブル+ソファで洋風の作り&ゆったりくつろぎ 寝室は畳みに卓袱台の和洋折衷よくばりな宿泊ができま

続きを読む

不動産小口化商品のマーケティング② 私募REIT vs J-REIT

前回の「不動産小口化商品のマーケティング戦略① ライバルはJ-REIT(上場リート)??」に続き、不動産小口化商品の研究を進めましょう。 「投資家にとって魅力的な商品とは何か?」を考えるためのヒントが詰まった「REIT」 本日は「私募REIT」について見ていきたいと思います いま注目を集める 「私募REIT」 とは ここ数年、「私募REIT」という不動産小口化商品が人気を集めており

続きを読む

いま話題の「オルタナティブ投資」とは?? エンジョイワークス主催のイベントに登壇します☆

本日はイベント開催のお知らせです 8月3日(土)@渋谷にて、不動産クラウドファンディングの事業を手掛ける株式会社エンジョイワークス主催のイベントに登壇します。 テーマは、今話題の「オルタナティブ投資」 お申込みはこちらからどうぞ https://www.facebook.com/events/453574965423776/

続きを読む

東京入国管理局でビザ「高度専門職」の申請

賃貸不動産オーナー向け経営誌「家主と地主」の“空き家”をテーマとした連載も第5回目です。 今回は「空き家のリノベーションによる商業活用」と題して、カフェやシェアオフィス、シェアアトリエに改装し、成功を収めている3つの事例を取り上げました。 やはりトレンドは「シェアリングエコノミー」 中でも、シェアアト

続きを読む

不動産小口化商品のマーケティング戦略① ライバルはJ-REIT(上場リート)??

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 海の日を含む3連休、東京はあいにくのお天気でした カピバラ好き行政書士は墨田区で3件の近隣周知手続を実施するなど、雨にも負けずお仕事ははかどった3日間でした 不動産小口化商品の組成で重要なマーケティング 最近、不動産クラウドファンディングを組成するためのライセンス取得についてのご相談が増えていますが、具体的な法律相談

続きを読む

不動産特定共同事業「ファンド+銀行のニ重レバレッジ」は可能!? 求められる「財産管理」とは

7月も半ばに差し掛かりましたが、東京はまだまだ雨の日々が続いています 早く梅雨明けして、カラッとした夏の気候になるのが待ち遠しいですね ところで、この1~2ヶ月の間で、当事務所では、不動産特定共同事業の許認可/コンサルティングのご相談が増えています。 そんな中、よく受ける質問が 「いま、自社で所有している不動産を、第1号事業でファンド化して資金を

続きを読む

【新宿区】マイホームをホテルに!大幅リフォームから営業許可取得まで。

西新宿で申請を行っていたホテルについて、旅館業の営業許可が交付されました 本件はもともと物件オーナーが自宅として居住していた2階建の戸建住宅。 大幅にリフォームして、4客室の「旅館・ホテル」として申請したものです。 (オーナーはそのために近隣のマンションへ引越し) 「民泊で日本と祖国の架け橋になりたい!」と一念発起した外国人の物件オーナー。 自宅の旅館業化を計

続きを読む

「空き家再生で食べていく!」不動産クラウドファンディング×空き家利活用イベントに参加しました☆

この週末は、株式会社エンジョイワークス主催「空き家再生で食べていく!」のイベントに参加しました。 株式会社エンジョイワークスは、鎌倉・葉山・逗子・湘南の不動産で、古民家のリノベーション、積極的に家づくりに参加できるスケルトンハウスを提供、一級建築事務所として設計も行っています。 国内初の小規模不動産共同特定事業者登録を完了し、空き家・遊休不動産に特化したまちづくり参加型クラウドファンデ

続きを読む

総合ユニコム「不動産ファンドの法律とスキーム解説」登壇のご報告☆

早いもので、もう6月も終盤あっという間に一年の半分が過ぎ去り、まさに光陰矢の如しですね さて、そんな梅雨の季節に雨が降る24日(月)、不動産ファンドの解説セミナーに登壇しました。 会場の湯島ガーデンパレス@お茶の水 綜合ユニコム主催のセミナーの題目は、ずばり『不動産ファンドの法律とスキーム解説』

続きを読む

改正旅館業法・住宅宿泊事業法施行から1年が経過・・・・1年の振り返りと今後の課題☆

6月15日で改正旅館業法・住宅宿泊事業法施行からちょうど1年が経過しました。 昨年6月にairbnbの無許可民泊物件の掲載が一斉に削除され施設数が激減、新しく始まった住宅宿泊事業の届出は、事業者も自治体も試行錯誤で進め、年末ごろから旅館業への切替えの依頼が殺到と、私にとっては長いような短いような、非常に濃い1年でした 区切りを迎えるこの6月に日本賃貸住宅新聞社より取材を

続きを読む