不特法Q&A【実務】ファンドが取得する不動産の「価格」は自由に決めることができる?

不特法アドバイザーの石井くるみです 先週は名古屋へ出張 新幹線の席はとても空いていました。 そろそろ宅建士の法定講習を受ける時期なのすが、 現在は会場受講ではなく自宅学習スタイルで実施されています。 自分のペースで受講できるのはとても助かります *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。

続きを読む

任意組合型ファンドは「インボイス制度」導入に注意! 2023年10月からファンド収支はどう変わる?

不特法アドバイザーの石井くるみです。 2023年10月から導入される消費税の 「インボイス制度」 任意組合型ファンドの収支に大きな影響 を与える可能性があるため、 ①現に任意組合型ファンドを運営している or ②これから任意組合型ファンドを組成しようとしている 不特事業者の方は要注意です インボイス制度の概要 2023年10

続きを読む

小江戸「川越」にて歴史的建造物利活用×ファンドによる資金調達セミナーを開催しました!

不特法アドバイザーの石井くるみです 江戸時代に城下町として栄え、古い土蔵や商家が数多く残る観光地・川越。 川越市では、景観重要建造物等の保存や 利活用を促進・支援する取り組みが行われており、 先週3月11日・12日の2日間にわたり 「歴史的建造物の利活用見学会 ×新たな資金調達手法セミナー」 が開催されまし

続きを読む

ふるさと納税でファンド投資が可能に? 5千億円の巨大市場に不動産特定共同事業(FTK)が挑む!

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです コロナにより生活が一変した2020年もいよいよ残り1ヶ月となりました。例年よりも長く感じられた1年か、それとも、変化に追われて短く感じたか、皆様はどのように感じられていますか コロナ感染の懸念が続いておりますが、すべての方に平和で穏やかな日常が戻ってくることを願ってやみません。 ふるさと納税で『ファンド投資』が新たな返礼品に

続きを読む

テーマは「まちづくり」と「ヘルスケア」! 国交省『FTKの多様な活用検討会』と東北初のヘルスケアFTKファンドが始動

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 秋が徐々に深まるこの頃、東京では良い天気が続いています。飛び石で連休となる今週末も、紅葉日和となるとよいですね 地域ファイナンスとして活用が期待される不動産特定共同事業(FTK)の制度改正を見据えた議論 さて、私も検討会委員を務めている国土交通省「不動産特定共同事業(FTK)の多様な活用手法検討会」 その第2回目検討

続きを読む

第二種金融商品取引業における「電子申込型電子募集取扱業務(クラウドファンディング)」登録と不特法第四号事業の関係とは?

こんにちは、カピバラ好き行政書士の石井くるみです 秋も深まり、そろそろ衣替えの季節ですね。休日にはぜひ紅葉狩りに出かけたいです 先週の嬉しいお知らせ・・・岐阜県で申請していた新規ホテルFAV Hotel TAKAYAMAの旅館業許可と東京都で申請していた不動産特定共同事業(第一号・第二号・電子取引業務)の許可が下りました。 どちらもご相談を受けてか

続きを読む

全国賃貸住宅新聞連載「不動産ファンドの法規制(スキームとライセンス)」&Birthday感謝のきもち

この秋は台風や雨が多く、気温の変化も大きいですが、みなさま体調など崩していませんか カピバラ好き行政書士は、忙しくも元気にしています 新宿、渋谷、港区での新規の旅館業申請や、不動産金融の相談や打合せ、セミナーで毎日どたばた。 ブログにできない内容も多くて(笑)、気がつけば、久しぶりの投稿となってしまいました さて、このところ「不動産特定共同事業法」にもとづく

続きを読む

申請第6面「電子取引業務を遂行するための体制」の作成と不動産ファンド法律・会計セミナーの報告

大型の台風が接近しているようです。週末にかけて長野へ出張の予定でしたが、取りやめることとして、事務所でおとなしく作業に変更です。目下取り組み中の業務は、不動産特定共同事業許可申請書(第2号様式)第6面「電子取引業務を遂行するための体制」の作成です。 不動産クラウドファンディングを行うには、電子取引業務を適確に遂行するために必要な体制を整備する必要があります。 具体的に「

続きを読む

令和2年4月施行の犯収法施行規則の改正☆「非対面取引時の本人確認の方法」の厳格化!!

本日は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」、通称「犯収法」の2020年4月施行規則改正について解説します。 インターネットや郵送など、「非対面」での本人確認を行っている不動産ファンド事業の実務にかかわる重要な改正 具体的には、「非対面」の本人確認書類の範囲が厳格化され、運転免許証のコピ―のような「写し」の場合は、2以上の本人確認資料の送付を受けることが必要となります。

続きを読む

全国賃貸住宅新聞・新連載のお知らせ☆『不動産クラウドファンディング事業化のポイント』

この9月より、全国賃貸住宅新聞において、新連載『不動産クラウドファンディング 事業化のポイント』が始まりました。記念すべき第1回のテーマは、「個人向け不動産投資ビジネスの大転換」です この1~2年の間に、不動産を対象としたファンド(匿名組合や任意組合)を組成し、その持分を小口化してインターネットで個人投資家に販売する「不動産クラウドファンディング」が注目を集め

続きを読む